監視カメラの注意点

監視カメラ種類
画像出典元 [防犯カメラ・監視カメラ録画システムのアロバビュー]

監視カメラを使用する上での注意点は、法律上の注意点と、運用上の注意点があります。まず、法律上の注意点ですが、監視カメラで撮影された映像でも、それによって、個人が特定できる場合は、個人情報となるため、取扱いには注意が必要となります。商店などで、防犯目的でカメラを設置している旨を掲示した上で、防犯目的のみに使用していれば、問題ありませんが、別の用途で使った場合には、個人情報保護法に引っかかってしまいます。個人宅で使用する場合でも、自分の敷地のみが映っている分には問題ありませんが、よその敷地や建物が映っていた場合にはトラブルに発展する場合もあります。法律上の問題を、素人判断で解決を試みるのは危険なので、信頼できる監視カメラ設置業者に、依頼・相談することをおすすめします。

次に、運用上の注意です。これは、ネットワークカメラに限った話なのですが、不正アクセスに最大の注意を払う必要があります。不正アクセスを許すと、個人情報が抜かれるなどの様々な不都合があります。完璧な対策を施すことは難しいですが、不正アクセスする側も、好き好んでセキュリティの厳重なところを狙うのは稀なので、出荷時の設定をそのまま使わない、ソフトウェアのアップデートを最新の状態にしておく等の基本的な対策で、十分効果があります。

監視カメラの選び方

監視カメラ監視カメラを選ぶ上で、一番重要なのが、どこにどんな目的で設置するのかという点です。玄関や駐車場に防犯目的で設置するのであれば、水や粉塵に強く、夜間でも見えるもので、いかにも、監視カメラらしいものを選ぶのがいいでしょうし、離れた家族の見守りが目的であれば、首が振れて、リアルタイムで映像を確認できるものがいいでしょう。

もちろん、高性能な監視カメラも存在しますが、往々にして値段が張るため、必要な機能は残しておきつつ、不必要な機能はカットしてしまった方がいいでしょう。先ほどの例で言えば、屋外に防犯目的で設置する場合、犯人を捕まえる手掛かりにすることが目的であれば、映像の記録さえ残っていれば良く、常に監視するわけでもないので、リアルタイムの監視機能や、手動の首振り機能は必要ないでしょう。屋内の見守りであっても、防塵、防水機能はそれほど必要なくなります。

画質や映像の記憶容量の選択も大切です。データ量は、基本的に録画時間と画質で決まります。そのため、動体検知型より、常時稼動型が容量は食いますし、画質が高い方が容量を食います。しかし、防犯カメラで、容量のために画質を落とし、犯人の人相が特定できなくなっては本末転倒ですので、目的に合わせて、バランスを取る必要があります。

ネットワークカメラ

監視カメラを設置する前に、最近の監視カメラについて知っておいて損はありません。まずは現在の監視カメラ普及に大きく貢献した、ネットワークカメラについて解説します。

IPカメラネットワークカメラとは、LANやインターネットに代表される、IPネットワークを用いて、映像などのデータを送ることの出来るカメラで、別名IPカメラとも呼ばれます。この説明だけだと、webカメラと大差ないように感じられるかも知れませんが、webカメラがパソコンに接続していないと使えないのに対し、ネットワークカメラは、それらの制御機器がなくとも使うことが出来ます。前述のとおり、IPネットワークに繋がっているため、遠隔地からカメラの映像を見たり、記録した映像をインターネット上に保存することも出来ます。

ネットワークカメラは、現在、家庭で使っているIPネットワークやパソコン、スマホなどのデバイスをそのまま利用できるため、必要な工事が少ない、もしくは、工事が必要ない、カメラ以外への投資が少なくて済む、といった手軽さも、売りの1つです。物によっては、電源はバッテリー、通信は無線LAN通信と、電源ケーブルもLANケーブルも必要なく、配線の制約を受けることなく、ほぼどこにでも設置できるような、ネットワークカメラも存在します。

防犯に監視カメラを

昨今、防犯意識の高まりから、個人商店や一般家庭において、防犯目的で監視カメラを導入する方が増えてきています。加えて、リーズナブルかつ高性能な監視カメラが増えたことや、ネットワークカメラの登場により、監視カメラの導入そのもののハードルが下がったことも、普及を後押ししているといえるでしょう。

監視カメラまた、日本では、監視カメラ=防犯カメラというイメージが強くありますが、夫婦共働きや、核家族化のすすむ日本では、防犯以外の監視カメラの使い方も広がりつつあります。よくある使われ方としては、不在時のペットや子供の監視、離れて暮らす両親の監視などがあります。日本語で監視といった場合、どちらかというと、ネガティブなイメージが強いと思われます。機能も、対象を見守るだけではなく、ペットの見守りであれば、えさをあげる機能が、子供や両親の見守りであれば、双方向の通話機能などがあります。これらの使い方が広がったもう一つの理由としても、ネットワークカメラの登場は欠かすことができず、それに加えて、スマホやタブレットなど、多くの人が持っているデバイスで、高速のインターネット通信が出来るようになったことも大きな要因です。外出先でもカメラをチェックできるというのは、不在時の見守りとしては、大変重要なことです。

このように、一般家庭でも広がりを見せている監視カメラですが、どうやって導入すればいいかは慎重に考えましょう。ネットワークカメラの場合は、通信環境を整える必要がありますし、電源の確保など、設置する場所の検討も重要です。販売店に導入方法について伺うなど、事前に情報収集するようにしてください。