監視カメラの注意点

監視カメラ種類
画像出典元 [防犯カメラ・監視カメラ録画システムのアロバビュー]

監視カメラを使用する上での注意点は、法律上の注意点と、運用上の注意点があります。まず、法律上の注意点ですが、監視カメラで撮影された映像でも、それによって、個人が特定できる場合は、個人情報となるため、取扱いには注意が必要となります。商店などで、防犯目的でカメラを設置している旨を掲示した上で、防犯目的のみに使用していれば、問題ありませんが、別の用途で使った場合には、個人情報保護法に引っかかってしまいます。個人宅で使用する場合でも、自分の敷地のみが映っている分には問題ありませんが、よその敷地や建物が映っていた場合にはトラブルに発展する場合もあります。法律上の問題を、素人判断で解決を試みるのは危険なので、信頼できる監視カメラ設置業者に、依頼・相談することをおすすめします。

次に、運用上の注意です。これは、ネットワークカメラに限った話なのですが、不正アクセスに最大の注意を払う必要があります。不正アクセスを許すと、個人情報が抜かれるなどの様々な不都合があります。完璧な対策を施すことは難しいですが、不正アクセスする側も、好き好んでセキュリティの厳重なところを狙うのは稀なので、出荷時の設定をそのまま使わない、ソフトウェアのアップデートを最新の状態にしておく等の基本的な対策で、十分効果があります。