ネットワークカメラ

監視カメラを設置する前に、最近の監視カメラについて知っておいて損はありません。まずは現在の監視カメラ普及に大きく貢献した、ネットワークカメラについて解説します。

IPカメラネットワークカメラとは、LANやインターネットに代表される、IPネットワークを用いて、映像などのデータを送ることの出来るカメラで、別名IPカメラとも呼ばれます。この説明だけだと、webカメラと大差ないように感じられるかも知れませんが、webカメラがパソコンに接続していないと使えないのに対し、ネットワークカメラは、それらの制御機器がなくとも使うことが出来ます。前述のとおり、IPネットワークに繋がっているため、遠隔地からカメラの映像を見たり、記録した映像をインターネット上に保存することも出来ます。

ネットワークカメラは、現在、家庭で使っているIPネットワークやパソコン、スマホなどのデバイスをそのまま利用できるため、必要な工事が少ない、もしくは、工事が必要ない、カメラ以外への投資が少なくて済む、といった手軽さも、売りの1つです。物によっては、電源はバッテリー、通信は無線LAN通信と、電源ケーブルもLANケーブルも必要なく、配線の制約を受けることなく、ほぼどこにでも設置できるような、ネットワークカメラも存在します。